「アジア版バロンドール」候補者に長谷部、ソン・フンミン等

長谷部誠

長谷部、大迫、フンミン等ノミネート

長谷部誠現地時間18日、中国のスポーツ紙「タイタン・スポーツ」が創設した「Best Footballer in Asia」のノミネート者24名が発表された。

「アジア版バロンドール」という位置づけにある「Best Footballer in Asia。

受賞資格は、「アジアの国籍を持つ選手」と「アジアのリーグでプレーしている選手」の何れかとなっており、過去には当時CSKAモスクワ所属だった本田圭佑(メルボルン・ビクトリー)や、レスター・シティでプレミアリーグを制覇した岡崎慎司等が受賞した。

2013年の本田受賞でスタートした同賞だが、早いもので今回で6度目となる。2018年のアジア最優秀選手賞の候補者24名の顔ぶれをチェックしてみよう!

まず国内の日本人選手では、アジアチャンピオンズリーグを制覇した鹿島アントラーズから、昌子と鈴木が選ばれている。

海外組では、ロシアワールドカップで大活躍したレアル・べティスの乾貴士をはじめ、ブレーメンの大迫勇也、アイントラハト・フランクフルトの長谷部誠が選ばれた。

過去に受賞歴のある本田圭佑、岡崎慎司、そのほかボルシア・ドルトムントの香川真司といったスター選手は今回選外となった。

Jリーグに目を向けてみると、鹿島アントラーズの守護神クォン・スンテや、今夏から鹿島に加入したブラジル人MFセルジーニョ、ガンバ大阪でゴールラッシュを見せた韓国代表FWファン・ウイジョといった名前もある。

とはいえ、2014、15、17年と3度Best Footballer in Asiaに輝いたトッテナム・ホットスパー所属の韓国代表FWソン・フンミンが最有力か…?

ヨーロッパのクラブサッカーの数字に比重を置くのであればソン・フンミン、ロシアワールドカップでの功績を評価するのであれば、日本代表でキャプテンマークを巻いてベスト16入りを果たした長谷部誠といったところか。

はたして6度目のBest Footballer in Asiaは、誰が手にすることになるだろうか?今後の「タイタン・スポーツ」の発表を心待ちにしていよう。

投稿者: tatuo

海外サッカーをこよなく愛するtatuoです。とくにヨーロッパでプレーする日本人選手の活躍を追いかけています。中でも、ボルシア・ドルトムントでプレーする香川真司、レスター・シティでプレーする岡崎慎司、オリンピック・マルセイユでプレーする酒井宏樹の大ファンです。これから当ブログでは、そんなヨーロッパで活躍する日本人選手の最新の情報を随時更新していきます!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です