「ミラクル・レスター岡崎」の活躍に地元紙が再脚光?

岡崎

ベッカム、マケレレ等とともに名を連ねた岡崎

岡崎現地時間22日、イギリスメディア「Squawka」は「2000年以降のプレミアリーグ王者を支えた縁の下の力持ち」という特集を組み、過去の王者から「名わき役」を1人ずつ発表した。

リストを見てみると、元マンチェスター・ユナイテッドのデイビッド・ベッカム、オレ・グンナー・スールシャール、ハビエル・エルナンデスをはじめ、

元チェルシーのクロード・マケレレ、アーセナルのジウベルト・シウバといったそうそうたる面々が名を連ねている。

そこに、なんとレスター・シティの岡崎慎司も選出されているのだ。

15-16シーズン優勝チームのレスターから選ばれた岡崎。
「素晴らしいスキルと運動量、相手へのプレッシング。攻撃に違いをもたらし、ヴァーディには自由を与えた」というレポートが添えられている。

当時のレスターと言えば、アルジェリア代表MFリヤド・マフレズ(現シティ)、元イングランド代表FWジェイミー・ヴァーディ、フランス代表MFエンゴロ・カンテ(現チェルシー)といった選手がフォーカスされがちだが、攻守で献身的にハードワークした岡崎にも高い評価が与えられている。

さて、そんな「Squawka」選出の「2000年以降のプレミアリーグ王者を支えた縁の下の力持ち」は以下の通り!

1999-2000-MFニッキー・バット(マンチェスター・ユナイテッド)
2000-01-MFデイビッド・ベッカム(マンチェスター・ユナイテッド)
01-02-FWシルヴァン・ヴィルトール(アーセナル)
02-03-FWオレ・グンナー・スールシャール(マンチェスター・ユナイテッド)
03-04-MFジウベルト・シウバ(アーセナル)
04-05-MFクロード・マケレレ(チェルシー)
05-06-DFウィリアム・ギャラス(チェルシー)
06-07-FWルイ・サハ(マンチェスター・ユナイテッド)
07-08-DFウェズ・ブラウン(マンチェスター・ユナイテッド)
08-09-MFマイケル・キャリック(マンチェスター・ユナイテッド)
09-10-MFジョー・コール(チェルシー)
10-11-MFパク・チソン(マンチェスター・ユナイテッド)
11-12-DFパブロ・サバレタ(マンチェスター・シティ)
12-13-FWハビエル・エルナンデス(マンチェスター・ユナイテッド)
13-14-FWエディン・ジェコ(マンチェスター・シティ)
14-15-DFブラニスラフ・イバノビッチ(チェルシー)
15-16-FW岡崎慎司(レスター)
16-17-FWペドロ・ロドリゲス(チェルシー)
17-18-MFフェルナンジーニョ(マンチェスター・シティ)

投稿者: tatuo

海外サッカーをこよなく愛するtatuoです。とくにヨーロッパでプレーする日本人選手の活躍を追いかけています。中でも、ボルシア・ドルトムントでプレーする香川真司、レスター・シティでプレーする岡崎慎司、オリンピック・マルセイユでプレーする酒井宏樹の大ファンです。これから当ブログでは、そんなヨーロッパで活躍する日本人選手の最新の情報を随時更新していきます!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です