【本田圭佑対Jチーム】対戦実現も!?来季ACL組み分け発表

川崎フロンターレは死の組へ…

現地時間22日、アジアサッカー連盟は来季AFCチャンピオンズリーググループステージの組み合わせ抽選会をマレーシアで行った。

これにより今シーズンのJリーグ覇者である川崎フロンターレは上海上港(中国)、シドニーFC(豪州)ら各国リーグ王者と同居する“死のグループ”に入った。

加えて気になるのが、本田圭佑が所属するメルボルン・ビクトリー(豪州)。こちらは、広州恒大(中国)らと同じグループFに入った。

日本第3代表(Jリーグ2位)が東地区プレーオフ3を勝ち抜いた場合、このグループFに組み込まれるため、その際は「本田圭佑VSJリーグ勢」という楽しみな対戦も実現する。

また、今回の組み合わせ抽選会では元日本代表DFの岩政大樹氏が担当。ここでオーストラリア、そして日本のボールを引いたようだ。

川崎フロンターレのドローを終えた後、自身のTwitterアカウントで「川崎サポの皆さん、やっちまいました~」とツイートしたことが反響を呼んでいる。

尚、そんな来季AFCチャンピオンズリーググループステージの組み合わせは以下の通りだ。

▽グループリーグ
[グループA]
アルワスル(UAE)
アルザウラー(イラク)
西地区プレーオフ4勝者
西地区プレーオフ2勝者

[グループB]
アルイテハド(サウジアラビア)
アルワフダ(UAE)
ウズベキスタン第1代表
西地区プレーオフ3勝者

[グループC]
アル・ドゥハイル(カタール)
アルヒラル(サウジアラビア)
アルアイン(UAE)
エステグラル(イラン)

[グループD]
ペルセポリス(イラン)
アルサッド(カタール)
アルアハリ(サウジアラビア)
西地区プレーオフ1勝者

[グループE]
韓国第3代表
ジョホール・ダルル(マレーシア)
東地区プレーオフ4勝者
東地区プレーオフ2勝者

[グループF]
広州恒大(中国)
韓国第2代表
メルボルン・ビクトリー(豪州)
東地区プレーオフ3勝者

[グループG]
日本第2代表(天皇杯王者)
中国第2代表
全北現代(韓国)
ブリーラム・ユナイテッド(タイ)

[グループH]
シドニーFC(豪州)
川崎フロンターレ(日本)
上海上港(中国)
東地区プレーオフ1勝者

投稿者: tatuo

海外サッカーをこよなく愛するtatuoです。とくにヨーロッパでプレーする日本人選手の活躍を追いかけています。中でも、ボルシア・ドルトムントでプレーする香川真司、レスター・シティでプレーする岡崎慎司、オリンピック・マルセイユでプレーする酒井宏樹の大ファンです。これから当ブログでは、そんなヨーロッパで活躍する日本人選手の最新の情報を随時更新していきます!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です