アジアカップ初戦2発の大迫に「欧州で活躍できている理由を証明」

大迫勇也

第一節ベストプレイヤートップ10に選ばれた大迫

大迫勇也現地時間9日、アジアカップ2019のグループステージ第一節の全日程が終了。

日本代表は、FIFAランキング127位の格下トルクメニスタン相手に思わぬ苦戦を強いられた末、なんとか3-2で競り勝った。

さて、衛星放送「FOXスポーツ」アジア版は、そんなアジアカップグループステージ第1節のベストプレーヤー10名を発表した。

ランキングには、トルクメニスタン戦でドッペルバックをマークした大迫勇也(ブレーメン)が9位にランクインしている。

そんな大迫についてはこのようにレポートを添えた。

「彼は4分間で2ゴールを決めたことで、なぜ欧州トップリーグでプレーできているかを証明してみせた。オオサコは最も強靭なフィジカルを備えたストライカーというわけではないかもしれいが、サムライ・ブルーにとっては攻撃面で機動力のあるポインターの役割を買って出ている。そして、日本が勝ち進むうえでキーとなる存在だ」

また、6位には世界ランキングアジア最上位のイランから、初戦2ゴールのメフディ・タレミが選出されたほか、4位にはレッドブル・ザルツブルク時代に南野拓実と共闘した韓国のファン・ヒチャン(ハンブルガー)の名前もある。

尚、第一節ベストプレイヤーに輝いたのは、開幕戦でホスト国のアラブ首長国連邦相手に奮闘したバーレーンのモハメド・アル=ロマイヒが選ばれた。

そんな衛星放送「FOXスポーツ」アジア版のアジアカップグループステージ第1節のベストプレーヤー10名は以下の通りとなっている。

1位 モハメド・アル=ロマイヒ(バーレーン–FW)
2位 ハリール・バニーアティーエ(ヨルダン–MF)
3位 スニル・チェトリ(インド–FW)
4位 ファン・ヒチャン(韓国–FW)
5位 ハビエル・パティーニョ(フィリピン–FW)
6位 メフディ・タレミ(イラン–FW)
7位 グエン・クアン・ハイ(ベトナム–MF)
8位 ムハンナド・アリ(イラク–FW)
9位 大迫勇也(日本–FW)
10位 イグナティ・ネステロフ(ウズベキスタン–GK)

投稿者: tatuo

海外サッカーをこよなく愛するtatuoです。とくにヨーロッパでプレーする日本人選手の活躍を追いかけています。中でも、ボルシア・ドルトムントでプレーする香川真司、レスター・シティでプレーする岡崎慎司、オリンピック・マルセイユでプレーする酒井宏樹の大ファンです。これから当ブログでは、そんなヨーロッパで活躍する日本人選手の最新の情報を随時更新していきます!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です