ガンバ退団時から1年半で市場価値50倍の堂安 オランダでも話題に

堂安律

オランダ3大クラブ以外では最高額!

堂安律現地時間28日、ドイツ『transfermarkt.de』はエールディビジでプレーする選手たちの現在の市場価値を発表した。

『transfermarkt.de』の発表によると、フローニンゲンに所属する日本代表FW堂安律の市場価値は750万ユーロとなっている模様。

その他の有力選手たちの市場価値を見てみると、2018年度の若手版バロンドールを獲得したオランダ代表DFマタイス・デ・リフト(5000万→6500万ユーロ(約82億2100万円))と、

MFフレンキー・デ・ヨング(4000万→6000万ユーロ(約75億9000万円))のアヤックスコンビが過去最高の市場価値でランキングワンツーフィニッシュ。

3位には、ロシアワールドカップで世界王者ドイツ相手に決勝ゴールをマークしたメキシコ代表FWイルビング・ロサノ4000万ユーロ(約50億6000万円)が入った。

ちなみに、アヤックス、PSV、フェイエノールトのエールディビジ3大ビッグクラブを除けば、堂安律がリーグ最高額の選手なのだそうだ。

ちなみに、『transfermarkt.de』発表の海外クラブ所属日本人のトップ10は以下の通りとなっている。

1位の中島翔哉も、800万→1500万ユーロまで引き上げていることが話題となっている。

1位 中島翔哉(ポルティモネンセ、800万→1500万ユーロ)

2位 武藤嘉紀(ニューカッスル、1000万→1000万ユーロ)

3位 香川真司(ドルトムント、1100万→800万ユーロ)

3位 酒井宏樹(マルセイユ、600万→800万ユーロ)

5位 堂安律(フローニンゲン、250万→750万ユーロ)

6位 吉田麻也(サウサンプトン、700万→700万ユーロ)

7位 大迫勇也(ブレーメン、600万→600万ユーロ)

7位 冨安健洋(シント=トロイデン、35万→600万ユーロ)

9位 岡崎慎司(レスター、600万→500万ユーロ)

9位 乾貴士(ベティス、750万→500万ユーロ)

9位 南野拓実(レッドブル・ザルツブルク、400万→500万ユーロ)

投稿者: tatuo

海外サッカーをこよなく愛するtatuoです。とくにヨーロッパでプレーする日本人選手の活躍を追いかけています。中でも、ボルシア・ドルトムントでプレーする香川真司、レスター・シティでプレーする岡崎慎司、オリンピック・マルセイユでプレーする酒井宏樹の大ファンです。これから当ブログでは、そんなヨーロッパで活躍する日本人選手の最新の情報を随時更新していきます!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です