コパ・アメリカに参戦する日本代表の推定市場価格ランキング

最も市場価値の高い日本代表選手は?

現地時間14日に開幕するコパ・アメリカに参戦する日本代表。

そんな日本代表のコパ・アメリカ参戦メンバーの推定市場価格をランキング形式で見てみよう。尚、推定市場価格はお馴染みドイツの移籍情報専門サイト『transfermarkt』を参考にしたものだ。

推定市場価格が最も高いのは、今回も中島翔哉だ。相変わらず断トツの価格となっており、2500万ユーロ(約32億5000万円)を記録している。

2位には、昨日セリエAのボローニャが獲得に乗り出したという報道もなされた冨安健洋。その市場価値は、20歳にして900万ユーロ(約11億7000万円)と非常に高い評価となった。

そんなコパ・アメリカに参戦する日本代表メンバーの推定市場価格をランキングは以下の通り!

今朝、レアル・マドリードへの加入報道がなされた久保建英の順位は…?

1位 中島翔哉(アル・ドゥハイル) 2500万ユーロ(約32億5000万円)
2位 冨安健洋(シント=トロイデン) 900万ユーロ(約11億7000万円)
3位 岡崎慎司(レスター) 500万ユーロ(約6億5000万円)
4位 柴崎 岳(ヘタフェ) 200万ユーロ(約2億6000万円)
5位 植田直通(セルクル・ブルージュ) 100万ユーロ(約1億3000万円)
5位 伊藤達哉(ハンブルク) 100万ユーロ(約1億3000万円)
7位 杉岡大暉(湘南ベルマーレ) 80万ユーロ(約1億400万円)
8位 中山雄太(ズヴォレ) 75万ユーロ(約9750万円)
8位 菅 大輝(北海道コンサドーレ札幌) 75万ユーロ(約9750万円)
10位 三好康児(横浜F・マリノス) 70万ユーロ(約9100万円)
10位 安部裕葵(鹿島アントラーズ) 70万ユーロ(約9100万円)
10位 前田大然(松本山雅FC) 70万ユーロ(約9100万円)
13位 立田悠悟(清水エスパルス) 60万ユーロ(約7800万円)
13位 渡辺皓太(東京ヴェルディ) 60万ユーロ(約7800万円)
15位 久保建英(FC東京) 50万ユーロ(約6500万円)
15位 板倉 滉(フローニンヘン) 50万ユーロ(約6500万円)
17位 原 輝綺(サガン鳥栖) 30万ユーロ(約3900万円)
17位 岩田智輝(大分トリニータ) 30万ユーロ(約3900万円)
19位 川島永嗣(ストラスブール) 25万ユーロ(約3250万円)
20位 大迫敬介(サンフレッチェ広島) 5万ユーロ(約650万円)
20位 小島亨介(大分トリニータ) 5万ユーロ(約650万円)
20位 松本泰志(サンフレッチェ広島) 5万ユーロ(約650万円)

投稿者: tatuo

海外サッカーをこよなく愛するtatuoです。とくにヨーロッパでプレーする日本人選手の活躍を追いかけています。中でも、ボルシア・ドルトムントでプレーする香川真司、レスター・シティでプレーする岡崎慎司、オリンピック・マルセイユでプレーする酒井宏樹の大ファンです。これから当ブログでは、そんなヨーロッパで活躍する日本人選手の最新の情報を随時更新していきます!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です