ドルト→マンUに移籍した際の香川の市場価値に再脚光

日本人歴代市場価値トップ10

ドイツの移籍専門サイト『transfermarkt』で算出される、お馴染みの推定市場価格。

今回は、歴代日本人フットボーラーの上位10人をランキング形式で紹介する。

中田英寿、中村俊輔といったレジェンドを差し置いて1位に輝いたのは香川真司だ。

ボルシア・ドルトムント時代にブンデスリーガを連覇し、その後マンチェスター・ユナイテッドに渡ってもプレミアリーグ制覇を経験した香川。

ドルトムントからマンチェスター・ユナイテッドに移籍した当時の2200万ユーロ(約28億6000万円)が、歴代日本人フットボーラーの推定市場価のトップとなっている。

それから7年が経過し、中島翔哉、南野拓実、堂安律といったスターが誕生したが、現在もこの記録は破られていない。

本田圭佑、中田英寿、小野伸二といった選手は何番目にランクインしているのだろうか?

そんな日本人フットボーラー「推定市場価格」歴代トップ10は以下の通り!

1位 香川真司 2200万ユーロ(約28億6000万円-2012年7月-マンチェスター・U在籍時)
2位 本田圭佑 2000万ユーロ(約26億円-2013年1月-CSKAモスクワ在籍時)
3位 中島翔哉 1800万ユーロ(約23億4000万円-現在-アル・ドゥハイル所属)
4位 長友佑都 1400万ユーロ(約18億2000万円-2014年7月-インテル在籍時)
5位 中田英寿 1000万ユーロ(約13億円-2004年10月-フィオレンティーナ在籍時)
5位 岡崎慎司 1000万ユーロ(2016年2月-レスター在籍時)
5位 武藤嘉紀 1000万ユーロ(現在-ニューカッスル所属)
5位 清武弘嗣 1000万ユーロ(2013年8月-ニュルンベルク在籍時)
9位 中村俊輔 900万ユーロ(約11億7000万円-2007年9月-セルティック在籍時)
9位 内田篤人 900万ユーロ(2015年2月-シャルケ在籍時)
9位 冨安健洋 900万ユーロ(現在-シント=トロイデン所属)

投稿者: tatuo

海外サッカーをこよなく愛するtatuoです。とくにヨーロッパでプレーする日本人選手の活躍を追いかけています。中でも、ボルシア・ドルトムントでプレーする香川真司、レスター・シティでプレーする岡崎慎司、オリンピック・マルセイユでプレーする酒井宏樹の大ファンです。これから当ブログでは、そんなヨーロッパで活躍する日本人選手の最新の情報を随時更新していきます!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です