中島の市場価値はさらに上昇!日本人の市場価格ランクトップ10

中島翔哉

中島の市場価格は常に右肩上がりで上昇

中島翔哉ポルティモネンセに所属する日本代表MF中島翔哉の推定市場価格がまた上がった。

ドイツの移籍専門サイト『Transfermarkt』が独自のデータを基に換算する「推定市場価格ランキング」。

ここまで長らく日本人で首位を維持している中島だが、2019年に入ってまた市場価格を更新。

前回発表時から300万ユーロが上積みされた1800万ユーロ(約23億4000万円)となった。

ちなみに、日本人2位は武藤嘉紀(ニューカッスル・ユナイテッド)となっているが、武藤の1000万ユーロ(約13億円)のほとんど倍に近い額を叩きだしている。

これまで、ポルトガルリーグの2強であるポルト、ベンフィカをはじめ、

ウォルバーハンプトン・ワンダラーズ、ウェストハム・ユナイテッド、サウサンプトン、フランクフルト、ヴォルフスブルク、シュツットガルト、セビージャとあらゆるチームの移籍がうわさされている中島。

はたして今冬にいずれかのクラブと交渉が成立するのだろうか…?今後も、日本人トップ評価を受ける中島の動向に目が離せない。

尚、最新の「日本人フットボーラー推定市場価格」トップ10は以下の通り!

1位-中島翔哉(ポルティモネンセ)-1800万ユーロ(約23億4000万円)
2位-武藤嘉紀(ニューカッスル)-1000万ユーロ(約13億円)
3位-香川真司(ドルトムント)-800万ユーロ(約10億4000万円)
3位-酒井宏樹(マルセイユ)-800万ユーロ
5位-堂安 律(フローニンヘン)-750万ユーロ(約9億7500万円)
6位-吉田麻也(サウサンプトン)-700万ユーロ(約9億1000万円)
7位-大迫勇也(ブレーメン)-600万ユーロ(約7億8000万円)
7位-冨安健洋(シント=トロイデン)-600万ユーロ
9位-岡崎慎司(レスター)-500万ユーロ(約6億5000万円)
9位-乾-貴士(ベティス)-500万ユーロ
9位-南野拓実(ザルツブルク)-500万ユーロ

投稿者: tatuo

海外サッカーをこよなく愛するtatuoです。とくにヨーロッパでプレーする日本人選手の活躍を追いかけています。中でも、ボルシア・ドルトムントでプレーする香川真司、レスター・シティでプレーする岡崎慎司、オリンピック・マルセイユでプレーする酒井宏樹の大ファンです。これから当ブログでは、そんなヨーロッパで活躍する日本人選手の最新の情報を随時更新していきます!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です