中島翔哉の市場価値はポルトガルリーグでも上位層?

中島翔哉

日本人トップは相変わらず中島翔哉

中島翔哉現地時間11日、ドイツメディア『transfermarkt.de』が全プロサッカー選手の最新の市場価値を発表した。

昨年11月時点にすでに日本人ナンバーワンの座に君臨するポルティモネンセの中島翔哉だが、市場価値は1500万→1800万ユーロとなり、さらに2位との差を引き離した。

これまで2位はボルシア・ドルトムントの香川真司だったが、最新のランキングではアジアカップに追加招集されたニューカッスル・ユナイテッドの武藤嘉紀が1000万ユーロでランクイン。

3位に香川真司とオリンピック・マルセイユの酒井宏樹が800万ユーロで並び、50万ユーロ差でフローニンゲンの堂安律が続いた。

ちなみに、1800万ユーロの市場価値がついた中島翔哉は、自身が在籍するポルトガルリーグにおいてもかなりの上位層に位置するようだ。

ポルト、スポルティング・リスボン、ベンフィカといった3大クラブを除けば、リーグ内で市場価値が最も高いとのこと。

これまで、ウォルバーハンプトン・ワンダラーズ、サウサンプトン、レスター・シティ等プレミアリーグへの移籍の噂が取りざたされてきたが、今冬のマーケットでポルトガル→イングランドへステップアップすることができるだろうか…?

なお『transfermarkt』による日本人選手市場価値のトップ10は次のとおりとなっている。

1位 中島翔哉(ポルティモネンセ、1500万→1800万ユーロ)
2位 武藤嘉紀(ニューカッスル、1000万→1000万ユーロ)
3位 香川真司(ボルシア・ドルトムント、1100万→800万ユーロ)
3位 酒井宏樹(マルセイユ、800万→800万ユーロ)
5位 堂安律(フローニンゲン、250万→750万ユーロ)
6位 吉田麻也(サウサンプトン、700万→700万ユーロ)
7位 大迫勇也(ブレーメン、600万→600万ユーロ)
7位 冨安健洋(シント=トロイデン、35万→600万ユーロ)
9位 岡崎慎司(レスター、600万→500万ユーロ)
9位 乾貴士(ベティス、750万→500万ユーロ)
9位 南野拓実(レッドブル・ザルツブルク、400万→500万ユーロ)

投稿者: tatuo

海外サッカーをこよなく愛するtatuoです。とくにヨーロッパでプレーする日本人選手の活躍を追いかけています。中でも、ボルシア・ドルトムントでプレーする香川真司、レスター・シティでプレーする岡崎慎司、オリンピック・マルセイユでプレーする酒井宏樹の大ファンです。これから当ブログでは、そんなヨーロッパで活躍する日本人選手の最新の情報を随時更新していきます!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です