南野がヨーロッパリーグ若手ベストイレブンに選出!

南野拓実

ハットトリックの南野もベストイレブン入り

南野拓実現地時間21日、UEFAは、ヨーロッパリーググループステージの若手ベストイレブンに相当する「ブレイクスルー・チーム・オブ・2018」を発表した。

その中には、なんと日本代表の南野拓実(レッドブル・ザルツブルク)の名前がある。

南野は、グループステージ6戦全勝のザルツブルクの一員として全てのゲームに出場した。そして、合計4ゴールをマーク。

とりわけ、ローゼンボリ戦は、ポルトガル代表クリスティアーノ・ロナウド(ユベントス)をほうふつとさせるような圧巻のプレーを連発し、ハットトリックでチームを勝利へと導いた。

UEFAは、そんな南野拓実に対してこのようにレポートしている。

「11月に行われたローゼンボリ戦でのハットトリックが際立つが、前線でのユーティリティー性の高いプレーがとても目を引いた」

ヨーロッパリーグ決勝トーナメント一回戦では、ベルギーリーグの強豪クラブ・ブルージュと対戦するレッドブル・ザルツブルクだが、南野は自身の得点でチームをベスト16へと導くことができるだろうか…。

そんなUEFAが選んだヨーロッパリーグブレイクスルー・ベストイレブンは以下の通り!

ディナモ・ザグレブの守護神ドミニク・リバコビッチをはじめ、レアル・べティスで乾貴士とチームメイトのジュニオール・フィルポ、ジオヴァニ・ロ・チョルソ、

アイントラハト・フランクフルトで長谷部誠とチームメイトのミヤト・ガチノビッチ、ルカ・ヨヴィッチといった選手も名を連ねている。

▼GKドミニク・リバコビッチ(ディナモ・ザグレブ)

▼DF
パプ・アブ・シセ(オリンピアコス)
ジョセフ・アイドゥー(ヘンク)
ジュニオール・フィルポ(ベティス)

▼MF
ミヤト・ガチノビッチ(フランクフルト)
ジオヴァニ・ロ・チョルソ(ベティス)
カイ・ハフェルツ(レヴァークーゼン)
パブロ・フォルナルス(ビジャレアル)

▼FW
イスマイラ・サール(レンヌ)
ルカ・ヨヴィッチ(フランクフルト)
南野拓実(ザルツブルク)

投稿者: tatuo

海外サッカーをこよなく愛するtatuoです。とくにヨーロッパでプレーする日本人選手の活躍を追いかけています。中でも、ボルシア・ドルトムントでプレーする香川真司、レスター・シティでプレーする岡崎慎司、オリンピック・マルセイユでプレーする酒井宏樹の大ファンです。これから当ブログでは、そんなヨーロッパで活躍する日本人選手の最新の情報を随時更新していきます!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です