堂安がムバッペ等とともに若手版バロンドールにノミネート

堂安律

世界にその名をとどろかせる堂安

堂安律若きサムライが、世界にその名をとどろかせようとしている。

8日、フランス誌『France Football』は恒例の「バロンドール」のノミネート者とともに、今年から新設された「コパ・トロフィー」の最終10名のノミネート者も発表した。

ノミネートリストには、イタリア紙『Tutto Sport』が主催する「ゴールデンボーイ賞」にもノミネートされている20歳の堂安律(フローニンゲン)の名前がある。

堂安は昨シーズン、エールディビジで加入初年度ながら躍動した堂安。公式戦10ゴールをマークし、チームトップスコアラーとなった。

しかしながら、そんな堂安がコパ・トロフィーを争うのは世界屈指の俊英ばかり。中でも、ロシアワールドカップのベストヤングプレイヤー賞キリアン・ムバッペ(パリ・サンジェルマン)は最有力候補となっている。

その他、リバプールのトレント・アレクサンダー=アーノルドや、ジャンルイジ・ブッフォンの後継者と目されるミランのジャンルイジ・ドンナルンマ、さらにはパトリック・クライファートの息子であるユスティン・クライファートといったタレントが名を連ねている。

この面子とともにノミネートリストに入っているだけでもすごいことだが、栄えあるコパ・トロフィーの受賞者は現地12月3日に発表される。

「コパ・トロフィー」2018年度のノミネート10選手は以下の通り。

トレント・アレクサンダー=アーノルド(リバプール-イングランド代表-DF)
フセム・アウアー(リヨン-フランスU-21代表-MF)
アマドゥ・ハイダラ(ザルツブルク-マリ代表-MF)
ジャンルイジ・ドンナルンマ(ミラン-イタリア代表-GK)
キリアン・エムバペ(パリSG-フランス代表-FW)
パトリック・クトローネ(ミラン-イタリア代表-FW)
堂安律(フローニンヘン-日本代表-MF)
ユスティン・クライファート(ローマ-オランダ代表-FW)
クリスティアン・プリシッチ(ドルトムント-アメリカ代表-MF)
ロドリゴ(サントス-ブラジル-FW)

投稿者: tatuo

海外サッカーをこよなく愛するtatuoです。とくにヨーロッパでプレーする日本人選手の活躍を追いかけています。中でも、ボルシア・ドルトムントでプレーする香川真司、レスター・シティでプレーする岡崎慎司、オリンピック・マルセイユでプレーする酒井宏樹の大ファンです。これから当ブログでは、そんなヨーロッパで活躍する日本人選手の最新の情報を随時更新していきます!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です