新生日本代表メンバーに堂安、中島、南野等選出

森保一

昨季チームMVPの堂安等に期待

森保一現地時間30日、日本サッカー連盟は来月に行なわれるキリンチャレンジカップ2018に向けた日本代表23名を発表した。

ロシアワールドカップで主力として戦ったレアル・べティスの乾貴士や、ドルトムントの香川真司、ブレーメンの原口元気といった主要ヨーロッパ組は今回選出されず。

森保一監督も語っている通り、今回はテストの意味合いが強い選考基準となっており、比較的フレッシュな顔ぶれがそろった。

ヨーロッパ組からは、昨シーズンエールディビジで目覚ましい活躍を見せた堂安律(フローニンヘン)のほか、冨安健洋、遠藤航(共にシント=トロイデン)、伊藤達哉(ハンブルク)、中島翔哉(ポルティモネンセ)、南野拓実(ザルツブルク)等が選出された。

その他、ロシアワールドカップの予備メンバーとしてチームに帯同した浅野拓磨(ハノーファー)や、ワールドカップ後欧州移籍した植田直通(セルクル・ブルージュ)といった選手も選出されている。

一方で、アンデルレヒトで出番が得られていない森岡亮太や、ニュルンベルクに移籍したばかりの久保裕也といった海外組は落選。

とりわけ、昨シーズンフローニンゲンでチームMVPを獲得した堂安に期待するファンは多いだろう。また、土壇場でワールドカップ行きの夢が絶たれた中島のプレーにも注目!

そんな日本代表は、7日にチリ代表(札幌)、11日にコスタリカ代表(吹田)と激突する。

日本代表メンバー一覧

発表された日本代表メンバーは、以下の通り。

GK
東口順昭(G大阪)
権田修一(鳥栖)
シュミット・ダニエル(仙台)

DF
槙野智章(浦和)
佐々木翔(広島)
車屋紳太郎(川崎F)
遠藤 航(シント=トロイデン)
室屋 成(FC東京)
植田直通(セルクル・ブルージュ)
三浦弦太(G大阪)
冨安健洋(シント=トロイデン)

MF
青山敏弘(広島)
山口 蛍(C大阪)
大島僚太(川崎F)
伊東純也(柏)
中島翔哉(ポルティモネンセ)
南野拓実(ザルツブルク)
三竿健斗(鹿島)
伊藤達哉(ハンブルク)
堂安 律(フローニンゲン)

FW
小林 悠(川崎F)
杉本健勇(C大阪)
浅野拓磨(ハノーファー)

投稿者: tatuo

海外サッカーをこよなく愛するtatuoです。とくにヨーロッパでプレーする日本人選手の活躍を追いかけています。中でも、ボルシア・ドルトムントでプレーする香川真司、レスター・シティでプレーする岡崎慎司、オリンピック・マルセイユでプレーする酒井宏樹の大ファンです。これから当ブログでは、そんなヨーロッパで活躍する日本人選手の最新の情報を随時更新していきます!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です