日本が50位から27位へジャンプアップ!【最新FIFAランキング】

日本代表

アジアカップ準優勝の日本が27位へ浮上

日本代表現地時間7日、最新のFIFAランキングが発表された。

アラブ首長国連邦で開催されたアジアカップ2019で、準優勝に輝いた日本代表は、前回の50位から27位に順位をジャンプアップさせ、アジア3番手から2番手に浮上した。

世界ランク30位以内というのは、アルベルト・ザッケローニ体制時にコンフェデレーションズカップ2013に参戦する直前の、実に2013年5月以来のことだ。

また注目なのはアジアカップ決勝戦で日本代表を3-1で退けて、初優勝を飾ったカタール代表。

前回の93位から一気に55位までジャンプアップし、1993年の54位に続く同国歴代2番目の記録に達した。

アジア最上位は依然としてイラン代表となっており、29位から7ランクアップさせ22位に浮上した。

その他トップ10に変動は無く、首位はベルギーとなっている。2位には、ロシアワールドカップ覇者のフランス、3位にはブラジル、4位にはワールドカップ準優勝のクロアチアがランクイン。

そんな現地時間7日発表の最新のFIFAランキングは以下の通り!

1.(1)ベルギー
2.(2)フランス
3.(3)ブラジル
4.(4)クロアチア
5.(5)イングランド
6.(6)ポルトガル
7.(7)ウルグアイ
8.(8)スイス
9.(9)スペイン
10.(10)デンマーク
11.(11)アルゼンチン
12.(12)コロンビア
13.(13)チリ
14.(14)スウェーデン
14.(14)オランダ
16.(16)ドイツ
17.(17)メキシコ
18.(18)イタリア
19.(19)ウェールズ
20.(20)ポーランド
20.(20)ペルー
22.(29)イラン
23.(22)オーストリア
24.(23)セネガル
25.(25)アメリカ
25.(24)ルーマニア
27.(50)日本
28.(26)チュニジア
29.(27)スロバキア
30.(28)ウクライナ

<その他アジア勢の順位>

38.(53)韓国
42.(41)オーストラリア
55.(93)カタール

投稿者: tatuo

海外サッカーをこよなく愛するtatuoです。とくにヨーロッパでプレーする日本人選手の活躍を追いかけています。中でも、ボルシア・ドルトムントでプレーする香川真司、レスター・シティでプレーする岡崎慎司、オリンピック・マルセイユでプレーする酒井宏樹の大ファンです。これから当ブログでは、そんなヨーロッパで活躍する日本人選手の最新の情報を随時更新していきます!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です