日本のサッカーリーグ「Jリーグ」の楽しみ方

日本のサッカーリーグ「Jリーグ」の楽しみ方

日本のサッカーリーグである「Jリーグ」はどんな楽しみ方をしても良いのですが、ここではJリーグについて解説をしていきます。

Jリーグのこれまでの歴史。

Jリーグは1991年に設立されて、1992年にナビスコカップが開幕することで始まりました。今の12クラブのJ1となったのは1994年からという事になっています。当初は今と異なるシステムも採用されていて、引き分け無しで必ず勝敗が決まるというようなシステムが採用されていたりするような事もありました。当時は日本のサッカーはそれほど人気のあるスポーツでは無かったので、引き分けのような曖昧決着の試合があると、人気が出にくいというように考えられたのかもしれません。vゴール方式とも言われて、必ずサッカーの試合では勝敗が決まるようなシステムが採用されていたこともあったのです。

Jリーグで採用されているシステムとは。

Jリーグは1999年からはJ1とJ2の2部制というシステムを採用することとなり、リーグ戦の結果によって入れ替えを行うというシステムを採用することになりました。今ではJ3まで出来ていて、J1とJ2の間での入れ替え、J2とJ3との間での入れ替えというモノも行われるようになっていて、それぞれ成績によって良ければ上に上がる事が出来て、悪ければ下がるというシステムが採用されるようになったのです。このシステムがある事によって、消化試合というモノがかなり少なくなり、リーグの後半で優勝の望みが無くなったようなチームも高いモチベーションで試合をすることが出来るようになり、観客も楽しみが増えることになったと言っても良いかもしれません。こうしたシステムの採用も日本のサッカー人気に火をつけた理由という事が言えるのかもしれません。

有名どころとして世界に知られるチーム。

やはり知名度ということになると、J1で活躍していて優勝するようなチームが一番名前を知られることになるでしょう。鹿島アントラーズやガンバ大阪などは有名どころという事が言えるはず。日本のサッカーチームには地名が入るようになっているのも特徴的で、この地名がある事によって地域愛も獲得することが出来るというように考えられています。野球チームのような場合は地名がないようなチームもありますが、サッカーチームは地域密着を基本理念と考えて出来ているので、そのサッカーチームがある地域名が名前のどこかに入るようになっているというわけです。

日本のサッカーの世界的なレベル。

日本のサッカーの世界的なレベルはまだまだトップにはなれないところという事が言えるのかもしれません。ワールドカップには最近出られるようになったので、まずトップに準ずるところぐらいまではきたかもしれませんが、それ以上というところまでは行っていません。というのは、サッカーは欧州リーグが圧倒的に最強で、ここに有名選手が集められてしまうという事があるからです。日本人選手も上手くなって有名になると欧州に行ってしまうというのが当たり前のような事にもなっています。それぐらいにレベルの差があるので、日本だけで考えているとなかなか技術が上達しないという事があるというわけです。サッカーを上手くなる一番の方法は上手い人達とプレーをするという事ですから、まずは欧州の上手い人達がいるところに行って技術や知識を学んできて、それを日本に伝えるというような感じになっては珍しく何故かサッカーだけは例外という事で認められているので、唯一ギャンブルをすることが出来るのがサッカーで、この収益が今の日本のサッカー界を支えているのかもしれない。世界的な選手が来ることはありますが、ほとんどの場合が最盛期を超えて行き場が無くなった有名選手が来るというだけで、現役バリバリで活躍をしている選手が来るというようなところまではまだ来ていません。これから、そうした強い選手を呼べるような環境を作っていくという事が必要になるのかもしれません。

誰でも出来るサッカーの楽しみ方。

サッカーの楽しみ方に決まったものはありません、誰でも自分の好きなように楽しんだらよいという事になります。サッカーはいろいろな楽しみ方があるので、自分が言いなという方法で楽しむのがベストです。自分の好きな選手を応援するという事でもいいですし、チームを応援するというのも良いでしょう。また、サッカーにはサッカーくじというものもありますから、これも含めて勝敗を予想して楽しむという方法もあります。ギャンブルが禁止されている国としサッカーの魅力という事にもなっている。
試合を見に行くのが一番楽しいとも思われますが、家でテレビ観戦をするというのも良いでしょう。最近ではスポーツバーのようなところで、快適な環境で楽しむという事も流行っています。試合の会場まで行くのは大変ですし、渋滞なども考えるとかなりの時間のロスとなりますが、バーであれば近くのお気に入りのところで観戦することが出来ます。