日本代表はタジク相手に3発快勝!【アジア2次予選結果】

波乱続出のアジア2次予選第4節

現地時間15日、カタール・ワールドカップ・アジア2次予選の第4節が各地で行われた。

日本代表は、タジキスタン相手に完全アウェーの中3−0快勝。南野拓実が、同予選3試合連続ゴールをマークした。

韓国は、敵地で北朝鮮相手に苦戦を強いられてスコアレスドロー。FIFAランキングアジア最上位のイランも、敵地でバーレーン相手に苦戦し、相手のペナルティキック1発に沈んだ。

その他、元日本代表監督の西野朗氏が率いるタイはサプライズでを起こしている。

チャナティップやティティパンなど、主力を欠くタイだったが、格上と目されるアラブ首長国連邦代表相手に2−1で勝利を収めた。

また、先日のイラン戦で0-14の記録的大敗を喫した、元日本代表MF本田圭佑が実質的な監督を務めるカンボジアは、今回もイラク相手に4失点完敗。

そんなカタール・ワールドカップ・アジア2次予選の第4節の試合結果一覧は以下のとおり!

【グループA】
フィリピン(4) 0-0 中国(7)
シリア(9) 4-0 グアム(0)
※試合なし=モルディブ(3)

【グループB】
台湾(0) 1-7 オーストラリア(9)
ヨルダン(7) 3-0 ネパール(3)
※試合なし=クウェート(4)

【グループC】
カンボジア(1) 0-4 イラク(7)
バーレーン(7) 1-0 イラン(6)
※試合なし=香港(1)

【グループD】
シンガポール(4) 1-3 ウズベキスタン(6)
パレスチナ(4) 0-0 サウジアラビア(5)
※試合なし=イエメン(2)

【グループE】
インド(2) 1-1 バングラデシュ(1)
カタール(10) 2-1 オマーン(6)
※試合なし=アフガニスタン(3)

【グループF】
モンゴル(3) 1-2 キルギス(6)
タジキスタン(6) 0-3 日本(9)
※試合なし=ミャンマー(0)

【グループG】
インドネシア(0) 1-3 ベトナム(7)
タイ(7) 2-1 UAE(6)
※試合なし=マレーシア(3)

【グループH】
北朝鮮(7) 0-0 韓国(7)
スリランカ(0) 0-3 レバノン(6)
※試合なし=トルクメニスタン(3)

投稿者: tatuo

海外サッカーをこよなく愛するtatuoです。とくにヨーロッパでプレーする日本人選手の活躍を追いかけています。中でも、ボルシア・ドルトムントでプレーする香川真司、レスター・シティでプレーする岡崎慎司、オリンピック・マルセイユでプレーする酒井宏樹の大ファンです。これから当ブログでは、そんなヨーロッパで活躍する日本人選手の最新の情報を随時更新していきます!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です