日本代表23名の最新市場価値をチェック!1位はやっぱりあの男

唯一30億円越えの中島翔哉

5日、キリンチャレンジカップで南米の強豪パラグアイ相手に2−0快勝を収めた日本代表。

エールディビジの強豪PSVアイントホーフェンに移籍した堂安律や、レアル・マドリード・カスティージャからマジョルカへレンタル移籍した久保建英など、海外組が過去最多の19名招集されたことが大きな話題となっている。

そこで今回は、お馴染み『transfermarkt』が定める推定市場価格を参考に、今回の招集メンバー23人の最新価値をランキング形式で紹介!

現スカッドのダントツトップは、やはりポルトの中島翔哉だ。評価額は2500万ユーロ(約31億2500万円)とただ一人30億円に達しており、2位の堂安の1000万ユーロ(約12億5000万円)を大きく上回っている。

さて、そんな日本代表23名の最新推定市場価格ランキングは以下の通り!

1位 中島翔哉(ポルト) 2500万ユーロ(約31億2500万円)
2位 堂安 律(PSV) 1000万ユーロ(約12億5000万円)
3位 冨安健洋(ボローニャ) 900万ユーロ
4位 酒井宏樹(マルセイユ) 800万ユーロ(約10億円)
5位 吉田麻也(サウサンプトン) 700万ユーロ(約8億7500万円)
6位 大迫勇也(ブレーメン) 500万ユーロ(約6億2500万円)
6位 南野拓実(ザルツブルク) 500万ユーロ
8位 伊東純也(ヘンク) 450万ユーロ(約5億6250万円)
9位 原口元気(ハノーファー) 250万ユーロ(約3億1250万円)
10位 長友佑都(ガラタサライ) 200万ユーロ(約2億5000万円)
10位 柴崎 岳(デポルティボ) 200万ユーロ
10位 遠藤 航(シュツットガルト) 200万ユーロ
10位 久保建英(マジョルカ) 200万ユーロ
14位 安西幸輝(ポルティモネンセ) 150万ユーロ(1億8750万円)
15位 橋本拳人(FC東京) 120万ユーロ(約1億5000万円)
15位 永井謙佑(FC東京) 120万ユーロ
17位 鈴木武蔵(札幌) 110万ユーロ(約1億3750万円)
18位 植田直通(サークル・ブルージュ) 100万ユーロ(約1億2500万円)
19位 シュミット・ダニエル(シント=トロイデン) 90万ユーロ(約1億1250万円)
20位 権田修一(ポルティモネンセ) 80万ユーロ(約1億円)
21位 畠中槙之輔(横浜) 60万ユーロ(約7500万円)
22位 板倉 滉(フローニンヘン) 50万ユーロ(約6250万円)
23位 川島永嗣(ストラスブール) 25万ユーロ(約3125万円)

投稿者: tatuo

海外サッカーをこよなく愛するtatuoです。とくにヨーロッパでプレーする日本人選手の活躍を追いかけています。中でも、ボルシア・ドルトムントでプレーする香川真司、レスター・シティでプレーする岡崎慎司、オリンピック・マルセイユでプレーする酒井宏樹の大ファンです。これから当ブログでは、そんなヨーロッパで活躍する日本人選手の最新の情報を随時更新していきます!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です