苦境の香川 冬の退団が既定路線…?現地メディアも移籍促す

香川は冬の退団が濃厚?

香川真司が苦境に立たされている。

ドイツのサッカーメディア「SPORT BUZZER」は、冬のマーケットでボルシア・ドルトムントを退団する可能性が高い選手の一人として、香川真司の名前を挙げている。

「SPORT BUZZER」は、ルシアン・ファブレ監督下で出場機会が得られていない選手として、MFセバスティアン・ローデ、DFジェレミー・トリアン、FWアレクサンダー・イサク、そして香川真司の4人の名前を挙げた。

また香川については、「日本代表選手のシンジ・カガワは、BVBにおいて今季ブンデスリーガでわずか2試合にしか出場していない。技術に長けたMFだが、ドイツ代表FWマルコ・ロイス、イングランド代表MFジェイドン・サンチョ、MFマリオ・ゲッツェ、スペイン代表FWパコ・アルカセルという強力な攻撃陣に割って入ることができていない」

と極めて苦しい状況であることを指摘している。

しかしながら、BVB2軍で戦ったレギオナルリーガ(4部)の試合でロート=ヴァイス・エッセン相手にすべてのゴールに絡んだことも評価しており、香川の試合勘に関しては特に問題ないのではないかとレポートしている。

さらに、ドルトムントは16日にシュポルトフロインデ・ロッテ(3部)とテストマッチを行い、この試合でも香川はすべての得点をアシストした。

こうしたことも考慮してSPORT BUZZERは、「29歳カガワの契約は2020年までとなっているが、それよりも早めに契約解除したほうが、もっと多くの出場時間が保証されるだろう」といち早く異なるクラブでプレーを始めることが重要だと指摘している。

指揮官の交代、負傷の影響も相まって今シーズンはめっきり出場機会を得られずにいる香川。

ブンデスリーガ2試合、UEFAチャンピオンズリーグ1試合、DFBポカール1試合と、トップチームでの公式戦出場はわずか4試合にとどまっている。

日本代表の10番として挑んだロシアワールドカップでは1ゴール1アシストと躍動した香川真司だが、はたしてこの後ルシアン・ファブレの信頼を勝ち取ることができるだろうか…。

それとも、冬のマーケットで新天地を見つけるだろうか。今後の去就に注目が集まる。

投稿者: tatuo

海外サッカーをこよなく愛するtatuoです。とくにヨーロッパでプレーする日本人選手の活躍を追いかけています。中でも、ボルシア・ドルトムントでプレーする香川真司、レスター・シティでプレーする岡崎慎司、オリンピック・マルセイユでプレーする酒井宏樹の大ファンです。これから当ブログでは、そんなヨーロッパで活躍する日本人選手の最新の情報を随時更新していきます!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です