過去10年間で最も良いサッカー選手は?

過去10年間で最も良いサッカー選手は?

過去10年間で最も良いと考えられるサッカー選手を紹介していきます。ランキング形式にはしていますが、1位と2位とそれ以下というような感じになるのかもしれません。

5位はスアレス選手で驚異的な肉体を持っているのが特徴的です。

ワールドカップでは良い選手というイメージどころか、噛みついたりする事件を起こしているので、どちらかというと悪役的なイメージはありますが、サッカー選手としては別に問題があるという訳ではありません。まず肉体的にタフなので、当たり負けしないというところが彼の大きな魅力という事になるでしょう。それでいてシュートも出来るし、パスも出せるというのも魅力的です。

4位はハメス・ロドリゲス選手です。

芸術的なプレーをすることが出来るという所が彼のプレーの良い所という事が言えるのかもしれません。見ていて美しいという事を感じさせる事が出来てしまいます。それだけ軸がぶれないでしっかりとしているという事が言えるのかもしれません。肉体的にはそれほどタフなイメージは無いのですが、ボールを取られないようにキープをする事も出来て、それでいてシュートも打てるし、パスも出せるというわけで、マルチに活躍をすることが出来る数少ないプレーヤーという事が言えるはずです。

3位はネイマール選手です。

ブラジルの代表的な選手となったと言っても良いでしょう。ブラジルは世界で一番サッカーをする人が多いところという事が言えるでしょうから、そこの英雄的な選手となったという事は、それだけでも良い選手であるという事が証明されているようなものだと言えるかもしれません。今やブラジルはサッカーのメッカとして最も知られる国となったと言えるでしょうから、その国の英雄となれば、これはとんでもないレベルまで来たという事が証明されています。ロシアでのワールドカップでも活躍をしました。何より前回のワールドカップにおいて、彼が負傷して欠場した試合でとんでもない点差をつけられて負けたという事を考えても、彼がブラジルの精神的な柱になっていたという事が分かります。

2位はクリスティアーノ・ロナウドです。

知名度という点では一番かもしれませんが、メッシが1位ということで、2位に甘んじることにしました。2位ではありますが、1位でも全く問題はないでしょう。それぐらいの差しかないと考えています、何しろこの10年間でバロンドールという欧州リーグのサッカーで最も活躍した選手に贈られる賞をメッシとこのロナウドとで独占して受賞し続けているという事になっています。欧州リーグが世界で一番のサッカーのリーグであるという事は間違いのない事実ですから、欧州で一番という事は世界で一番という事になります。世界のサッカーは欧州リーグを中心として動いているという事を考えても、このバロンドールをこの10年間でこの二人が独占しているという事は、それだけこの二人が突出しているという事を意味しています。世界的なサッカープレーヤーとなる事だけでもとんでもない事なのですが、この二人はそのような超人たちの中で明確に次元の違うレベルにいるという事が分かります。ですから、ここで2位以上とそれ以下とでは大きな差があるという事を言いました。

1位はアルゼンチンのメッシです。

2位のロナウドとは全く差は無いと言っても良いかもしれないのですが、あの小さい体で世界一の動きをすることが出来るという事で、1位とさせてもらいました。近代サッカーにおいても体が大きいという事は大きなメリットで、体小さなメッシはとてつもないハンディキャップを背負っていると言ってもいいでしょう。それが世界一のプレーヤーとなっているわけですからとんでもない人です。まず常識で考えられるような事では無いと言ってもいいでしょう。体格だけで言うと、その辺りを歩いているような普通の人と全く変わらないどころか、そのような人達よりも小さいということが言えます。体格が大きなハンディキャップとなるサッカーでは致命的な欠点となるはずなのですが、それを感じさせない動きをすることが出来るのです。まさに神がかっているという事が言えるのかもしれません。2位のロナウドは恵まれた体を持っていて、体格で既にある程度の事はカバー出来る事がありますが、メッシはそうした事がないわけですから、それを補って活躍をしているという事で評価を高くして、最も良いプレーヤーとさせていただきます。

This entry was posted in サッカー, ブログ and tagged , , . Bookmark the permalink. Both comments and trackbacks are currently closed.