香川がプレミアに電撃復帰?2クラブが獲得に名乗りか

再びプレミアに参戦か?

各国のリーグが終了し、残すはヨーロッパリーグ、チャンピオンズリーグそれぞれのファイナルのみとなったヨーロッパサッカー。

早くも夏のマーケットでの移籍の噂が飛び交っているが、冬のマーケットでボルシア・ドルトムントからベジュクタシュへレンタル移籍した香川真司の去就にも注目が集まっている。

ブンデスリーガへの復帰か、はたまた噂されているガラタサライやフェネルバフチェ等のトルコ国内での移籍か…。

これまでは上記2つの話題にとどまっていたが、ここにきて、かつてマンチェスター・ユナイテッドでプレーして以来の「プレミアリーグ電撃復帰」の噂もでてきた。

イギリスサッカー専門サイト「90min」によると、ウェストハム、エバートンの2クラブが香川獲得に興味を示しているようで、とりわけ前者は強く獲得を希望しているとの見解を示している。

以下、「90min」の記事抜粋。

「彼はマンチェスター・ユナイテッドで、2年間のプレミアリーグでの経験を持ち、レジェンドであるサー・アレックス・ファーガソンの下で、“赤い悪魔”にとって最後のタイトル獲得に貢献した。昨シーズン、ドルトムントがベジクタシュへのレンタル移籍でまかなっていることを踏まえると、“売り時”を少し逃したと見る向きも多いだろう」

ドルトムントの地元紙「ルール・ナハリテン」の報道を引用したものだそうだが、イギリス地元紙がこのように香川にスポットを当てているということで、より一層信憑性の高い話と言える。

さて、かつてサー・アレックス・ファーガソンの下で2シーズンマンチェスター・ユナイテッドに在籍し、プレミアリーグ制覇も経験した香川真司。

しかしながら、ボルシア・ドルトムント在籍時の実績を考えると、不本意な2シーズンだったと言わざるを得ない。
30歳となった日本代表の10番は、再びプレミアリーグに挑戦し、そして輝きを放つことはできるだろうか…?

香川の今後の去就に注目が集まる。

投稿者: tatuo

海外サッカーをこよなく愛するtatuoです。とくにヨーロッパでプレーする日本人選手の活躍を追いかけています。中でも、ボルシア・ドルトムントでプレーする香川真司、レスター・シティでプレーする岡崎慎司、オリンピック・マルセイユでプレーする酒井宏樹の大ファンです。これから当ブログでは、そんなヨーロッパで活躍する日本人選手の最新の情報を随時更新していきます!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です