香川が同胞ロイスに脱帽「相変わらずスゴイ」

香川真司

香川「改めてロイスを尊敬した」

香川真司現地時間26日に行われた、ドイツ・ブンデスリーガ第5節のニュルンベルク戦で公式戦3試合連続出場を果たしたボルシア・ドルトムント香川真司。

得点に絡むことこそできなかったものの、7-0大勝に貢献。ポジション奪取に向けて少しずつ近づいている。

香川真司は、今シーズン開幕からブンデスリーガでベンチ外が続き、今月18日のUEFAチャンピオンズリーググループステージ開幕節のクラブ・ブルージュ戦で始めて出番を得た。

ルシアン・ファブレ監督に好印象を与えることに成功すると、続くリーグ戦第4節ホッフェンハイム戦では初のスタメン入りを果たす。

今節のニュルンベルク戦は、ミッドウィーク開催ということもあって再びベンチスタートとなったが、後半途中からピッチに立った。

試合後香川は、「僕としては試合に絡めない状況から一歩ずつきているなかで、次も(ポジションを)勝ち取るためには結果が必要になってくる。そういうところを徐々に上げて、勝ち取っていきたい」と語っている。

そして、チームのエースでありライバルでもあるドイツ代表FWマルコ・ロイスに対して改めて驚かされたと語った。

この日も2ゴール1アシストと圧巻のパフォーマンスでチームを勝利へと導いたマルコ・ロイスに対して、

「やはりボールはもっと彼に入るし、そしてそれを決める。どんな形であれ。でもそれを見ていて、なるほどなと感じさせるものは非常にある。その信頼を得るには、こういうところで結果を残すこともそうだし、自分の得意なものや形を周囲にどれだけ示せるかだと思う。ただチームの中のひとりとして、チームのために戦うという考えは、ある意味、捨てていかないと、こういうチームではポジションを取れない。」

「僕はまた改めてマルコ・ロイスを尊敬しましたね」とエースの躍動に改めて興奮気味の香川。
これからそんなロイスをあっと言わせるような活躍を見せて、正当レギュラーの座を勝ち取ってほしい。

投稿者: tatuo

海外サッカーをこよなく愛するtatuoです。とくにヨーロッパでプレーする日本人選手の活躍を追いかけています。中でも、ボルシア・ドルトムントでプレーする香川真司、レスター・シティでプレーする岡崎慎司、オリンピック・マルセイユでプレーする酒井宏樹の大ファンです。これから当ブログでは、そんなヨーロッパで活躍する日本人選手の最新の情報を随時更新していきます!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です