40m弾の南野がベストイレブンに選出!今後のステップアップに期待

南野拓実

チームの6連覇前進に貢献の南野

南野拓実オーストリア版『スカイ・スポーツ』の報道によると、レッドブル・ザルツブルクに所属する南野拓実が、オーストリア・ブンデスリーガ第23節のベストイレブンに名を連ねたようだ。

現地時間31日、難敵オーストリア・ウィーンとホームグラウンドで対戦したレッドブル・ザルツブルク。

インターナショナルマッチウィーク明けながら先発出場した南野拓実は、1-1で迎えた後半2分に、約40メートルをドリブルで駆け上がってエリア内からシュート。

これが決勝ゴールとなり、南野の今季5点目の活躍でレッドブル・ザルツブルクが勝利を収めた。

オーストリア・ブンデスリーガ公式がデータサイト『オプタ』を元にベストイレブンを発表。

6連覇前進に貢献した南野は、同試合でハットトリックをマークしたムナス・ダブール、シュテファン・ライナーといったチームメイト等と共に名を連ねた。

また、「南野のゴールで2-1となった。シュート6本。それを上回ったのはダブールだけだ」とレポートが添えられている。

今後、自身の目標でもあるプレミアリーグ、ラ・リーガ・サンタンデールなどの4大リーグへのステップアップはなるだろうか。
今後も目に見える結果を残し続けたいところだ。

現時点では、レッドブルつながりでブンデスリーガのライプツィヒ移籍が最も現実的…?

さて、そんなオーストリア・ブンデスリーガ第23節のベストイレブンは以下の通り!

▽GK
クリストフ・ リークラー(ザンクト・ペルテン)

▽DF
シュテファン・ライナー(ザルツブルク)
ルアン・レイチ(ザンクト・ペルテン)
ボリ・ボリンゴリ(ラピド・ウィーン)

▽MF
フセイン・バリッチ(ザンクト・ペルテン)
ムラト・サティン(インスブルック)
南野拓実(ザルツブルク)
フィリップ・ショーベスベルガー(ラピド・ウィーン)

▽FW
ジョアン・ビクトル(LASKリンツ)
ムナス・ダブール(ザルツブルク)
クリスティアン・ゲバウアー(アルタッハ)

投稿者: tatuo

海外サッカーをこよなく愛するtatuoです。とくにヨーロッパでプレーする日本人選手の活躍を追いかけています。中でも、ボルシア・ドルトムントでプレーする香川真司、レスター・シティでプレーする岡崎慎司、オリンピック・マルセイユでプレーする酒井宏樹の大ファンです。これから当ブログでは、そんなヨーロッパで活躍する日本人選手の最新の情報を随時更新していきます!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です