正に圧勝‼これまでに欧州5大リーグで無敗優勝を決めてきたチームとは?

先日、バイエルン・ミュンヘンがブンデスリーガ第32節でブレーメンと対戦、1-0でバイエルンが勝利し、前人未踏の8連覇を決めました。

圧巻の偉業ですが、欧州5大リーグではこれまでに、まさに「圧勝」の無敗優勝を決めてきたチームがあることをご存じでしょうか?

ここでは、過去の無敗優勝を決めてきたチームを海外サッカーニュースとしてピックアップしていきます。

ユヴェントス(イタリア:2011-12)

ユヴェントスは、セリエAにて史上2チーム目の無敗優勝を達成。20チーム制に移行してからは初の快挙となりました。

特筆すべきは、そのシーズンの成績です。

決してとびぬけたオフェンス力があったわけではないですが、38試合で20失点と抜群の守備力を武器に無敗優勝を勝ち取りました。

また、この優勝を機にユヴェントスのセリエAでの快進撃が始まり、2019年にはセリエA初の8連覇を達成しています。

アーセナル(イングランド:2003-04)

正にアーセナルの黄金期。

アーセン・ヴェンゲル監督が率いるアーセナルは、得点王に輝いたフランス代表FWティエリ・アンリやフランス代表MFパトリック・ヴィエラ、オランダ代表FWデニス・ベルカンプ、フランス代表MFロベール・ピレス、ドイツ代表GKイェンス・レーマンなどの豪華メンバーを携え、シーズン38試合で26勝12分けという結果を出し、見事115年ぶりのプレミアリーグ無敗優勝を達成しました。

総合的にバランスと採れた布陣でしたが、中でも左サイドは抜群の破壊力を持っており、アンリとピレスのコンビによる左サイドからの攻撃は、相手からすれば止めようのない悪夢でした。

ミラン(イタリア:1991-92)

現在ではユヴェントスの一強体制となっているセリエAですが、そんなセリエAで初の無敗優勝を成し遂げたのは、ルート・フリット、マルコ・ファン・バステン、フランク・ライカールトの「オランダ代表トリオ」を擁していたミランでした。

抜群の勝負強さを発揮していた当時のミランは「グランデ・ミラン」と称され、さらに翌年には、欧州最高峰の大会CL(チャンピオンズ・リーグ)にて、バルセロナ相手に下馬評を覆す4-0のスコアで圧勝、見事に優勝を果たしました。

その後も、ミランはセリエA3連覇を達成するなど、黄金期を築き上げることに成功しています。

アスレティック・ビルバオ(スペイン:1929-30)

スペインで初めて無敗優勝を成し遂げたのは、バルセロナでもレアル・マドリードでもないアスレティック・ビルバオです。

リーガ・エスパニョーラ設立から2年目、当時はまだ10チームしか在籍しておらず、12勝6分けという成績で見事無敗での初優勝を果たしました。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です