テレビ朝日でeスポーツ放送!国内ベッティング市場が大幅拡大も…?

史上初シャドウバースをテレビ放送

24日、世界的に人気なeスポーツのデジタルカードバトル大会「RAGEシャドウバースプロリーグ年間王者決定戦」がテレビ朝日にて3月1日(日)夜2:00から史上初となるテレビ放送が行われることがわかった。 “テレビ朝日でeスポーツ放送!国内ベッティング市場が大幅拡大も…?” の続きを読む

eスポーツサッカーの祭典「FIFA eクラブワールドカップ」最終結果

eスポーツサッカーの祭典が閉幕

近年、ベッティングサイトで人気沸騰中のeスポーツ。
現地時間7日〜9日にかけて、そんなeスポーツのビッグイベント「FIFA eクラブワールドカップ」が開催された。 “eスポーツサッカーの祭典「FIFA eクラブワールドカップ」最終結果” の続きを読む

スポーツベッティングで人気の「10BET」のサッカーベッティング解説

10BETのサッカーベッティング

10bet日本で人気のスポーツベッティングサイト「10BET」。

今回は、そんな10BETでベッティングが可能なサッカーの大会と、その種類について解説します。 “スポーツベッティングで人気の「10BET」のサッカーベッティング解説” の続きを読む

日本のオンラインカジノで特に人気のゲーム、スロットは?

日本で人気のオンラインカジノゲームは?

3D illustration of Casino chips with award crown on black rays background decorated with golden confetti ribbon.

一口に「オンラインカジノ 」と言っても、日本でプレイできるゲームは数多くの種類があります。

オンラインカジノ初心者さんの中には、「ゲームの種類が多すぎてどれから始めれば良いのかわからない」といった方も多いでしょう。

“日本のオンラインカジノで特に人気のゲーム、スロットは?” の続きを読む

日本でのスポーツベッティングは違法でない?信頼性の高いサイトは?

日本でのスポーツベッティングは違法でない?

スポーツの試合にお金をかけて楽しむスポーツベッティング。

日本国内で野球賭博などにお金を投じることは言うまでもなく違法ですが、スポーツベッティングは違法なのでしょうか?それとも合法なのでしょうか? “日本でのスポーツベッティングは違法でない?信頼性の高いサイトは?” の続きを読む

チュニジア遠征に挑むU-16日本代表メンバー発表!20人中19人がJユース

20人中19人がJユースからの選出

6日、日本サッカー協会はチュニジア遠征に臨むU-16日本代表メンバー20名を公表した。

“チュニジア遠征に挑むU-16日本代表メンバー発表!20人中19人がJユース” の続きを読む

未来の日本代表がスペイン、メキシコ等と激突!【U-15日本代表】

国民体育大会で躍動した大迫等選出

大迫22日、日本サッカー協会はスペイン遠征に参加するU-15日本代表メンバーを公表した。 “未来の日本代表がスペイン、メキシコ等と激突!【U-15日本代表】” の続きを読む

ファッション業界でも活躍するサッカー選手

◇ファッションでも注目されるクリスティアーノ・ロナウド

クリスティアーノ・ロナウドは世界的に有名なサッカー選手で日本でも人気があります。 “ファッション業界でも活躍するサッカー選手” の続きを読む

日本の一番良いサッカースタジアム

良いサッカースタジアムの条件はアクセスしやすいところです。

世界中で人気のサッカーですが、ワールドカップの試合でも利用できるほど立派サッカースタジアムが日本にもたくさんあります。 “日本の一番良いサッカースタジアム” の続きを読む

日本のサッカー界の歴史

◇サッカー伝来の歴史と黎明期の動き

日本にサッカーが伝わったのは19世紀の後半で、横浜で行われたイギリス軍の試合、もしくは神戸の外国人居留地で開催された試合が最初など諸説あります。1915年に日本が極東体育協会に加盟したため、サッカーも国際舞台で試合をする可能性が高まりました。
現在人気の代表戦は、1917年に日本で開かれた第3回極東選手権競技大会に出場したのが初めとされ、フィリピンや中国とそれぞれ試合をして共に敗戦しています。国際大会で刺激を受けたサッカー界は、徐々にレベルアップを図ることになります。

1918年には日本フットボール大会が初めて開催され、後に国内でも有名な「全国高校サッカー選手権大会」として施行されるようになります。

現存する日本サッカー協会は前身となる団体が1921年に創立され、同年から天皇杯の前身である「ア式蹴球全国優勝競技会」が始まりました。

◇国際大会での初勝利とベルリンの奇跡

1927年に開催された第8回極東大会で、代表チームはフィリピンを2対1で破り、国際大会の舞台で歴史的初勝利を挙げます。1930年はサッカー界にとって歴史的にも重要な意味を持つ年で、第1回サッカーワールドカップがウルグアイで開催されました。日本は1929年にFIFAへの加盟が認められましたが、当時の代表チームはアジア内でも勝つことが難しい状況でした。

1936年に開催されたドイツ・ベルリンオリンピックでは、1回戦で優勝候補のスウェーデン相手に3対2で勝利したため、後に「ベルリン」の奇跡と呼ばれています。2回戦はやはり優勝候補のイタリアと対戦するも、0対8の大敗を喫しました。この大会で活躍した選手の一部は、後の太平洋戦争で命を落とすことになります。
1938年にはワールドカップ予選に初めてエントリーするも、日中戦争の影響で見送りとなりました。

◇ワールドカップ初挑戦からメキシコオリンピックまで

日本代表チームは、1954年にスイスで開催されるワールドカップに初めて参加します。極東予選は韓国と対戦しましたが、第1戦が1対5、第2戦は1対1と引き分け通算1敗1分の成績で残念ながら出場を逃しました。

東京オリンピックが開催された1964年、後にスター選手となる釜本邦茂が代表デビューします。オリンピックではグループリーグでアルゼンチンを3対2で下し、ガーナには敗れたものの得失点差で決勝トーナメントへ進出しましたが、準々決勝で敗退しました。翌1965年にはJリーグの礎となるJSLが開幕しています。

1968年のメキシコオリンピックでは、グループリーグを2位で通過し準々決勝でフランスを撃破、準決勝でハンガリーに敗れたものの、3位決定戦で地元メキシコ代表を倒し見事銅メダルを獲得しました。釜本邦茂はこの大会で7得点を挙げる大活躍を見せ、得点王に輝きました。
1970年代から1980年代にかけては、国内のサッカー界で多くの変革が行われ、次の時代に来る躍進へと繋がっていきます。

◇Jリーグの開幕とドーハの悲劇

日本のサッカー界は世界レベルとの差がなかなか詰まらないばかりか、アジアでも厳しい戦いを強いられていたため、Jリーグ設立によるサッカー選手のプロ化は早急な課題でした。関係者の努力もあり、Jリーグは1993年に開幕します。

ワールドカップの舞台に最も近づいたのもこの年で、ワールドカップ・アメリカ大会アジア1次予選を首位で通過した日本代表は、最終予選に駒を進めました。序盤苦戦したため一旦は出場が危ぶまれたものの、その後調子を取り戻し最後のイラク戦を迎えた段階では、勝利さえすれば無条件でワールドカップ出場が叶う状況でしたが、ロスタイムに失点したことで引き分けとなり、ワールドカップ出場は幻に消えました。

◇ワールドカップ初出場とその後の躍進

Jリーグの開幕により着実にレベルアップした代表チームは、1998年のワールドカップフランス大会アジア最終予選B組で2位となり、イランとのプレーオフは延長戦の末3対2で下し初出場を決めました。ワールドカップアジア予選初参加から、実に44年めのことです。本大会のグループリーグでは3戦全敗の成績に終わりましたが、サッカー界にとって歴史的な第1歩を刻みました。

自国開催となったアジア初のワールドカップ2002日韓大会ではグループリーグを2勝1分とし、初めて決勝トーナメント進出を決めています。2006年のドイツ大会はジーコ監督のもと期待されましたが、残念ながらグループリーグ敗退となりました。続く2010年南アフリカ大会では、自国開催以外では初めてのベスト16を記録しています。
2018年のロシア大会は、初戦でコロンビアを破り初めて南米の国に勝利したほか、南アフリカ大会以来のベスト16進出を決めるなど、世界レベルとの差が着実に縮まっていることを印象づける歴史的な大会となりました。