Category Archives: ブログ

フットサル上達のためにマスターしておきたいこと

    フットサル上達は長い道のりです。一夜にして一流選手になることはできません。だからこそ、毎日、フットサルの練習に励むわけです。しかし、がむしゃらに練習するだけでは、決して十分ではありません。効率を大事にしましょう。今回は、フットサル上達に欠かせない、是非ともマスターしておきたいことをご紹介したいと思います。   椅子に座りながら足の裏でボールに触る   椅子に座りながらでも、フットサルの練習はできます。理想は、何かをしながらでも、何気なくボールに触れておくことです。勉強をしながら、仕事をしながら(もちろん、職場でやったら怒られるでしょうが…)なんでも構いません。この際に、是非とも、足の裏を使ってください。フットサルでは、サッカーに比べて、明らかに足裏が重要視されます。コートが狭い分、ボールをキープできるエリアも限られることから、足裏を使って、体の深い位置でキープできる能力は大きな強みとなります。またシューズの裏にスパイクがないことからも、足裏での操作がしやすくなっています。この練習をするときには、できるだけ、ボールを見ないようにしてください。ボールを見ずとも、思い通りに足裏でコントロールできるようになるのが理想です。できるだけ両足を使いましょう。さらに、ボールと足の感覚を研ぎ澄ますためにも、できるだけ、足の裏の色々な部分でボールに触れてみてください。かかとに近い部分や、つま先側、外側、内側…とボールを転がして、足の裏で、その動きを感じ取りましょう。前後左右にボールを素早く振る動作を入れてみるのもいいかもしれません。フットサルでは足裏での切り返しがとっても強力な武器になります。慣れてきたら、ゆっくりからの素早い動作も意識してみましょう。緩急をつけることで、より実践的な練習になります。   細かい足の振りで速いボールを蹴る   足を細かく降ってボールを蹴る動作も練習しておきたいものです。コートが小さいことから、どうしても、長い助走をつけた、振りの大きいキックは取られてしまいがちです。コースが読まれやすくなりますし、後ろやボールを突かれたら、それでおしまいです。そこで、コンパクトなキックを意識してみましょう。これにも練習と慣れが必要です。コツは、意識的に、足のふりかぶりを少なくして、できるだけ速いボールを放つこと。インステップで蹴る動作から初めて、最後のインパクトの瞬間にインサイドを使うのも便利です。速い球を、正確に蹴ることができるようになります。つま先やアウトステップでのキックも同様の理由で、是非ともマスターしておきたいものです。つま先であれば、振りかぶることなく、素早いボールを蹴ることができます。ただし、トーキックに頼りすぎるのはできるだけ避けましょう。あくまでも、不意をついたプレーなどで使うことをオススメします。精度が高くないので…普段から多用するためには、それなりの練習が必要です。ここでのポイントは、足をコンパクトに素早く振ることだと御考えください。素早く振る動作には、筋力やステップの速さが欠かせません。そこで、普段から、細かなステップを踏むトレーニングを行うのもいいでしょう。ラダーを使えば、細かくかつ素早い動作ができるようになります。もちろんラダーがない場合には、地面に線を引くだけでも構いません。   終わりに   今回のポイントは、足裏と素早い足の振りでした。どちらもサッカーよりもフットサルで特に重宝されるスキルです。普段から広い場所でプレイすることに慣れている人は、狭い場所での試行錯誤という状況に挑戦してみるのがいいでしょう。例えば、鳥かごをやるにしてもできるだけ輪を小さくして、めまぐるしく展開するようにしてみてください。鬼の入れ替わりが激しくなりますが、これで、狭い場所での、細かなステップや素早い足の振りを実践的に練習することができます。もちろん、狭い場所でのプレイですので、足の裏も自然と多用することになるでしょう。そしてときに、もう少し長い距離間で、素早い足の振りも練習してみてください。近いところだけで練習していると、実際の試合で、中距離に蹴るときに勢いが弱く、インターセプトされてしまいがちです。今回はここまでです。みなさんのさらなる上達に貢献できれば、これ以上の幸せはありません。  

Also posted in 練習 | Tagged , , , | Comments closed