U-17W杯の組み合わせ決定!日本は欧州王者等と同組に

「死の組」に入った日本

現地時間11日、U-17ワールドカップの組み合わせ抽選会をスイス・チューリヒのFIFA本部で開催した。

当初は、ペルーでの開催が決定していた今回のU-17ワールドカップ。
急遽予定が変更されて、ブラジルでの開催に決まった。また、それに伴って日程も変更され、開幕戦は10月26日となった。

さて、そんなU-17ワールドカップに挑む日本代表のグループステージでの対戦国が決定。

対戦相手は、北中米カリブ海予選2位のアメリカ、アフリカ予選を勝ち抜いたギニアの規定違反によって代わりに出場が決まったセネガル、ヨーロッパ王者のオランダという「死のグループ」に組み込まれた。

その他、開催国ブラジルはカナダ、ニュージーランド、アンゴラと比較的な楽なグループに、韓国はハイチ、フランス、チリ等と同組に。

U-17ワールドカップに挑む日本代表には、既にセレッソ大阪のトップチームと内定済みで、先日バルセロナが獲得を狙っていると報道がなされたFW西川潤(桐光学園高)や、アジア選手権で得点王に輝いたFW唐山翔自(G大阪ユース)等が参戦する見通しだ。

果たして過去最高成績のベスト8を超えることができるだろうか…?若きサムライの活躍に期待したい!

なお、グループステージは4チーム総当り戦。各組2位以上に加えて、3位グループの上位4チームも決勝トーナメントに進むことができる。決勝トーナメントは16チームで争い、ファイナルは11月17日に行われる。

そんなU-17ワールドカップのグループステージ組み合わせ一覧は以下の通り!

▼A組
ブラジル
カナダ
ニュージーランド
アンゴラ

▼B組
ナイジェリア
ハンガリー
エクアドル
オーストラリア

▼C組
韓国
ハイチ
フランス
チリ

▼D組
アメリカ
セネガル
日本
オランダ

▼E組
スペイン
アルゼンチン
タジキスタン
カメルーン

▼F組
ソロモン諸島
イタリア
パラグアイ
メキシコ

投稿者: tatuo

海外サッカーをこよなく愛するtatuoです。とくにヨーロッパでプレーする日本人選手の活躍を追いかけています。中でも、ボルシア・ドルトムントでプレーする香川真司、レスター・シティでプレーする岡崎慎司、オリンピック・マルセイユでプレーする酒井宏樹の大ファンです。これから当ブログでは、そんなヨーロッパで活躍する日本人選手の最新の情報を随時更新していきます!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です