W杯アジア予選のポット分けが決定!「日本対本田」実現も…?

日本はカタール等と共にポット1へ

アジアサッカー連盟は、9月からスタートする2022年のカタールワールドカップアジア2次予選のポット分けを公表した。

アジア2次予選は、アジアの国々40か国が5チームずつの8グループに振り分けられ、各組みの1位チームと、2位グループの成績上位4チームを合わせた計12チームが最終予選に進むというレギュレーションになっている。

日本代表はポット1に振り分けられ、その他FIFAランキングアジア最上位のイラン、韓国、オーストラリア等ワールドカップ常連国も順当に入った。

また、アジアカップ2019アラブ首長国連邦大会でチャンピオンとなったカタール、アラブ首長国連邦、ロシアワールドカップでロシアと開幕戦を戦ったサウジアラビア、中国もポット1に入った。

第二ポットには、ウズベキスタン、イラクといった実力国を始め、シリア、オマーン、ヨルダンといった不気味な国の名前がある。

日本にとっては、ウズベキスタン、北朝鮮、トルクメニスタン、シンガポールが最も過酷なグループか…?ポット5でカンボジアを引いた場合、日本代表VS本田圭佑が実現するが、このあたりも注目必至だ。

そんな2022年のカタールワールドカップアジア2次予選の組み合わせ抽選会は、7月17日に行われる。コパ・アメリカはグループステージ敗退に終わった日本代表だが、久保建英(レアル・マドリード)等若手の成長に期待したい!

ポット分けは以下の通り!

▼ポット1
イラン
日本
韓国
オーストラリア
カタール
UAE
サウジアラビア
中国

▼ポット2
イラク
ウズベキスタン
シリア
オマーン
レバノン
キルギス
ベトナム
ヨルダン

▼ポット3
パレスチナ
インド
バーレーン
タイ
タジキスタン
北朝鮮
チャイニーズ・タイペイ
フィリピン

▼ポット4
トルクメニスタン
ミャンマー
香港
イエメン
アフガニスタン
モルディブ
クウェート
マレーシア

▼ポット5
インドネシア
シンガポール
ネパール
カンボジア
バングラデシュ
モンゴル
グアム
マカオorスリランカ

投稿者: tatuo

海外サッカーをこよなく愛するtatuoです。とくにヨーロッパでプレーする日本人選手の活躍を追いかけています。中でも、ボルシア・ドルトムントでプレーする香川真司、レスター・シティでプレーする岡崎慎司、オリンピック・マルセイユでプレーする酒井宏樹の大ファンです。これから当ブログでは、そんなヨーロッパで活躍する日本人選手の最新の情報を随時更新していきます!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です